外国人が日本で働きたいと思ったら、日本企業の面接を受けなければなりません。日本人であるかどうかに関わらず、日本企業の面接には一定のビジネスマナーやルールがあります。

このページでは、面接に合格するためのコツや注意点をご紹介します。面接の準備は大変なものですが、心配はいりません。以下のヒントを参考にしてみてください。

1.会社のことを知る

日本企業の面接を通過したいのであれば「何をしている会社だろう?」「何を目指している会社だろううか?」など、会社について詳しく知っておく必要があります。会社側は、あなたがなぜ応募したのかを知りたがります。自分の志望動機を深く考えてみるといいでしょう。

2.面接の事前練習

面接の準備は、演劇のリハーサルのようなものです。何を言いたいか、どのように質問に答えるかを知っていることは重要ですが、台本を読んでいるのではなく、自然な感じで会話をすることも重要です。

声に出したり、鏡の前で練習したりしてみましょう。

3.スーツ等適切な服装をする

きちんとした服装は、仕事に対するあなたの真剣さを表し、採用担当者の評価にもつながります。

4.遅刻をしない

日本では時間を守ることがすべてであり、面接に遅刻するとすぐに失格になる可能性があります。

5.携帯電話の電源を切る

静かな面接室やオンライン面接では、携帯電話のバイブレーションが聞こえてしまい、気が散ってしまうことがあります。携帯電話の電源を切るか、機内モードにして、恥ずかしい思いをしないようにするのが一番の対策です。

6.正しい態度と行動をとる

面接では、あなたの態度と行動が非常に重要です。避けるべき行動は以下の通りです。

・そわそわする

・あぐらをかく

・腕組みをする、ポケットに手を突っ込む

もう一つ重要なポイントがあります。面接の前夜は十分な睡眠をとり、面接場所までの道のりを計画することで、トラブルを回避することができます。自分を信じて頑張ってください。

外国人エンジニア紹介サービス