このページでは、外国人が日本の会社で働く際に考慮すべき重要なヒントをご紹介します。
文化の違いに備えるために、覚えておかなければならない6つのコツをご紹介します。

1.時間厳守【Punctuality】

日本のビジネス文化では、時間を守ることが期待されており、ビジネスのペースは正確で時間通りです。日本人は非常に時間に正確なことで知られています。可能であれば、面接やミーティングの10分前には到着していることが好ましいとされており、その方が相手に良い印象を与えることができます。数分でも遅れると、相手に大きな迷惑をかけてしまいます。人に迷惑をかけないことは、日本社会の基本中の基本であることを忘れないでください。

2.正直【Honesty】

できるだけ正直になることは、できないことに嘘をつくことよりも良いことです。締め切りに間に合わない場合は、事前に報告しましょう。できないことを「できます」と言ってはいけません。仕事をする上での不信感につながる可能性があります。

3.丁寧な態度【Polite attitude】

もしあなたが納得できなくても、感情的になってはいけません。日本に限らず、世界的に見ても、「話を聞いてから反応する」というのは礼儀作法の一つであることは間違いありません。日本のビジネスシーンでは、通常、名字に「さん」を付けて呼び合います。そうすることで、相手への敬意を示すことができます。目上の人の前で腕や足を組むのは、目上の人に不快感を与えるのでやめましょう。

4.責任感【Responsibility】

強い責任感を持って、最後までやり遂げ、目標を達成することです。

5.チームスピリット【Team spirit】

日本人は共同作業を好み、チームで協力することが得意であることを知っておきましょう。他人、特に年配の方に敬意を払うことが大切です。

6.人と人とのつながり【Personal Relationships】

日本の文化では、ビジネス関係を発展させるためには、個人的なタッチを加えることが重要であるため、人との関係を深めることが成功の鍵となります。組織内にできるだけ多くの人脈を築くようにしてください。