今回の記事では、外国人の方が日本で銀行口座を開設する方法について説明します!

日本で働くとき、お給料は手渡しではなく銀行振込で支払われる場合がほとんどです。また、家賃や携帯電話料金、電気水道などの各種サービスの支払いは銀行口座を持っておくと便利で、生活をしていく上で銀行口座の開設は必須と言えます。

今回の記事を通して、これから日本で銀行口座を開設しようとしている方の手助けになれば幸いです。

日本で働く外国人が銀行口座を開設する理由

日本は犯罪率の低い国ですが、大金を日々持ち歩くことは危険です。

給与の振り込みや光熱費など生活費の引き落としのために銀行口座が必須なケースが多く、また海外へ送金を行うためにも、銀行口座を持っていると便利です。

銀行口座を開設するための条件

在留期間と口座の種類

日本の法律上、外国人は「居住者」と「非居住者」の2つに分類されます。

居住者とみなされる方は、普通口座が開設できます。非居住者とみなされる在留期間が6か月未満の外国人は、一部の銀行を除き非居住者円預金口座のみ開設することができます。

非居住者円預金の場合は海外への送金や各種引き落としが制限され、預金口座への入出金といった最低限の使い方しかできません。

ゆうちょ銀行の場合は、在留期間が3ヶ月以上であれば、6ヶ月未満でも普通口座を作れますが、送金を行うためには6ヶ月以上の在留期間が経過した後に改めて手続きが必要になります(貯金の出し入れや給与振込は開設後すぐに可能。)

銀行口座の開設に必要なもの

銀行によって基準に違いはありますが、ほとんどの金融機関で口座開設のために最低限必要なものは以下となります。

①顔写真付き本人確認書類

在留カード、特別永住者証明書、パスポートや運転免許証など、顔写真が付いていて氏名と生年月日が記載されている身分証明書を本人確認書類として持参しましょう。

②実際に生活している住所の確認が取れるもの

住民票や公共料金(ガス、電気、水道、NHK、固定電話、など)の領収書や請求書の原本など、現住所と氏名が記載され生活の実態がわかる書類が必要になります。

※携帯電話やスマートフォンの請求書は一般的に証明書として利用できません。

③印鑑

海外では重要な契約時に手書きでサインをすることが主流ではありますが、日本では印鑑の使用が圧倒的に多いです。

多くの銀行では口座開設のために印鑑が必要とされます。三菱UFJ銀行やりそな銀行やネット銀行など、口座開設の際に印鑑を必須としない銀行も増えていますが、まだまだ印鑑が必要な銀行もたくさんあります。

印鑑を作る手間はありますが、日本では賃貸契約や労働契約などで印鑑が必要となるケースも多々あります。漢字以外にカタカナやローマ字でも印鑑を作ることが可能ですので、日本での生活のために印鑑はぜひ用意しておきましょう。

④連絡可能な電話番号

実際に確認のために電話がかかってくる場合もあるので、携帯電話も含め、銀行と連絡が取れる電話番号が必要になります。

外国人のオススメの銀行

これから日本で働く外国人が比較的に口座を開設しやすいオススメの銀行をご紹介したいと思います。銀行によって異なるサービス内容、利用可能なATMや手数料などをまとめています。

今回ご紹介する以外にも銀行やたくさんありますが、今回は大手の銀行を中心に紹介しています。日本のどこでもATMや支店があるため、大きい銀行の方が色んな場面で便利です。※2021年8月時点での情報になります。

銀行名 詳細
ゆうちょ銀行
  • 口座開設には約2週間の時間がかかりますが、6か月以上の在留カードなど必要書類が揃えば、外国人にとって最も銀行口座が開設しやすい銀行と言われています。

 

  • 全国に約2万4千の窓口と3万2千のATMを持ち、さらに新生銀行、セブン銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行のATMも利用できます。

 

  • ゆうちょ銀行でのATM引き出し手数料は土日含め無料。ゆうちょ銀行以外のATMでは平日8:45~18:00、土曜日9:00~14:00は1回110円、それ以外の時間は220円の手数料がかかります。
三菱UFJ銀行
  • 日本最大手の銀行で、信頼性と安定性はトップクラスです。

 

  • 口座開設時に印鑑は不要。全国で約7万7千台のATMを利用できます。(2017年時点、提携金融機関・セブン銀行・ローソン銀行ATMなどを含む)平日時間内(8:45~18:00)のATM出金手数料が無料です。(利用時間外は1回につき110円)
みずほ銀行
  • 窓口・インターネット・スマホアプリで口座開設の手続きできます。外国への送金、国内あて外貨建送金・非居住者円建送金が可能です。

 

  • 全国に約800の支店があり、約5万台のATMを利用できます。(提携金融機関・セブン銀行・ローソン銀行ATMなどを含む)
りそな銀行
  • 店舗の場合は最短で30分、郵送の場合は1~2週間の時間で口座開設できます。口座開設時の印鑑は不要。ATMは国内で約5千の拠点があり、ポイントを貯めてWAON、nanacoなどに交換できます。

 

  • りそなグループ4銀行(りそな銀行・埼玉りそな銀行、関西みらい銀行・みなと銀行)のATMでの平日時間内(8:45~18:00)の手数料は無料です。(利用時間外は1回につき110円)
新生銀行
  • オンラインで必要事項を入力して必要書類を郵送することで比較的簡単に口座開設ができ、ネットバンキングが英語に対応しています。

 

  • ネット銀行なので通帳はなく、キャッシュカード、セキュリティカード、利用ガイドが自宅に郵送されます。

 

  • 新生銀行、セブン銀行、インターネット(Enet)、ローソンATM、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友信託銀行、あおぞら銀行、三菱UFJ信託銀行のATMが利用でき、ATM引出手数料は1回につき110円(新生ゴールド、プラチナカードの場合は手数料無料)です。

 

各銀行のホームページには口座開設時に必要な書類が記載されているケースがほとんどですので、気になる銀行があればホームページで情報をチェックしてみて下さい。

まとめ

今回は、外国人向けに日本での口座開設についてご説明しました。

日本で生活を送る上で銀行口座の所持は重要となりますので、事前に気になる銀行のホームページを確認して、必要なものは事前に準備しておきましょう!